So-net無料ブログ作成
検索選択
前の7件 | -

あえか [詩]

あえか

透明な雪に躓く
透明な靄を抱える 空
橋を渡ろうとする
遠く屈折した気流だから 走る

氷の柱は解けて空白を招き
その 鋭利な皮膚
すれ違うだけの昨日と今日
紛れていく視覚の感情

落ちろ朧月 屈折するよ
冬の太陽を追って
頷くだけの幻の声だもの

サイレンの音だけを追い
時の流れの中で
震える膝を抱き寄せる 聴いているのか

飛び魚が通り過ぎる硝子張りの夜
空のあかね色の静けさを
干からびたアスファルトの上に
残す 名のない足音

掌には 離れたままの指の間から
つかみ損ねた 枯れ葉の匂い
煙る姿を透かして欠けた月の後ろ姿

たたまれていく影の時代は
ああ 新しく泡だつ
つややかな膨らみを食らう



sora19.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

蝸牛 [詩]

曲がった 滑る窓 蝸牛

映る 自画像を 隅々に反射させる

遠い閃きをあびて

光る道の跡

古い伝わりを呼ぶ

欅の下で眠る朝は

昨日の窓を拓いて遊ぶ

夕暮れは まれに

過剰な朧月を綻ばし

捨てた 晴れた空の色 に

隠された海を浮かべている


sora4.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

風 Ⅰ

風は
逃れるように 追うように
街の中へ溶けてゆく影に
ささやく音楽となって
指に絡まり解けて散ってゆく 冷たい風

冷たく ぬれた 手 と 足は 砕かれて
捨てられていく ストリートを纏うマネキンを映す
ビルの壁に囲まれた空で こころを飼う
罪と罰は 互いを偽り 時の歯車を砕いてゆく
傾いた 時に もたれて蝸牛が夢見ている

風は
確かな 儚さを 生んでゆく



d.jpg


a2.jpg

nice!(3)  コメント(0) 

 [時の回廊]

太陽の光が満ちたグラス

夏の風を一粒おとす 朝

占いの天秤が わずかに傾き

まどろむ 光と影のささやきは

閉ざされた 瞼に そそがれて


枯れた街には 

夢の影を ついばむ鳥


名もなき地から 二めーとる の あいだに 漂う千慮

いくつもの名を 地に落とし

いくつもの地図を 重ね

燃え上がる情熱と 鉛に繋がれた倦怠の神なき王国は

身を焼き尽くす 慰安にみちて




P6292313.jpg



「惑星ソラリス」は、<宇宙>のなかに取り残され、

望むと望まざるとにかかわらず、さらに次の段階の知識の断片を

手に入れ、理解することを余儀なくされている人びとについての

話である。

それはいわば、外から人間に与えられた認識への無限の欲求で

ある。 

その欲求は、それ自体きわめて悲劇的なものである。

なぜなら、絶えざる不安と、喪失感と、悲しみと、絶望を伴う

ものだからだ。

実際、究極の真理は到達することが不可能なのだ。

そればかりか、人間はさらに良心というものが与えられていて、

彼の行動が道徳律に従わないとき、彼を苦しめる。

つまりある意味で良心の存在も悲劇的なのである。

幻滅が「惑星ソラリス」の登場人物達につきまとう。

われわれが彼らに提示した出口も、幻影のようなものであった。

それは夢想のなかに、人間を生みだした地球と人間を、永遠に

結びつけている根を自覚できるかどうかということのなかにあった。

しかしこの結びつきすらも、実際は彼らにとってすでに非現実敵な

ものになっていたのだ。

「映像のポエジア」より    タルコフスキー著    鴻 英郎訳




RIMG0572.jpg




かつて神への信仰が存在した 惑星ソラリス から やってくる 

光に包まれる (バッハBWV639)  朝 

慰安のコインを握りしめる僕には 

何色に見えるのか




nice!(3)  コメント(0) 

おやすみの 朝 [時の回廊]

朝の 空が そこに

朝の テーブルが そこに

朝の 瞳が 目の前に

朝の こころが 夜の こころに ないしょ話

ひとつの光がやってきて 

すべての ものに

新しい 名を ひとつ ひとつ

名付けては つないでゆく

浮きあがって 解き放たれた

ことばに なれない 

ことば達の 群れにも 朝がやってきて

光の届かぬ 暗闇で目覚める命にも 朝がやってきて


今朝の風は とても おだやか そして ひかえめ

窓をあけて あいさつをして ほほえんで 

ようやく そっと

透明な 小川の さわやかな ほほえみをかえしてくれた


めざめて なにもない 透明な夢の花開く おやすみ の 朝



R0030975.jpg

nice!(5)  コメント(2) 

小さな春 [時の回廊]

久しぶりに 街にでて

ふらり ふらり と  



R0030888.jpg



お昼前の休日 まだ人通りも ほどほど

のんびりとした よき休日の風が通りすぎてゆく

甘いハーブの香りがあふれ漂ってくる店の前を通り過ぎ

春の色がこぼれる ウインドウの脇をすり抜けて

あなたは何回目の春を迎えたのだろうか

春の息吹を纏っていた あの 時 か ら



R0030890.jpg



駅の近くに住む友人の家で

のんびりと 



R0030896.jpg



といった雰囲気の店で

バッカスギャラリー ブン

料理をいただいて 

小さいけれど とても素敵な春を見つけた と

あなたは ほほえむ



RIMG0462.jpg
nice!(5)  コメント(2) 

砕かれた空 [時の回廊]

R0012429.jpg


つめたい 光は 時を凍り付かせ
群青の空は 砕かれて
ワイングラスの中で 傷だらけ

こころの 中で ルージュをひく
ことば達
乾いた風のかけらにそよぐ 薔薇の花びら

点滅する光と ざわめきの 中で
街は 傾いた帆船の影を 引きずり
薔薇の棘に触れ
レモンバームは 血を流す



R0030688.jpg



瞳から こぼれる まぶしい
ことばに うたれて
街の放浪者の 影を あつめていた天使は
砕かれた 群青の空に舞う




P4201881.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
前の7件 | -
メッセージを送る